2010年07月01日

狼の死刑宣告 (Death Sentence)

監督 ジェームズ・ワン 主演 ケヴィン・ベーコン
2007年 アメリカ映画 106分 アクション 採点★★

「あんまり怒らなさそう」「すぐ怒りそう」と、両極端な印象を他人に与えてるらしいたおです。実際は、短気です。筋金入りです。で、こうも短気だと日々腹が立つことも多いんですが、あれやこれやと込み入った仕返しを考えているうちに、大体において満足して寝ちゃいます。なんと言うか、テスト前に教科書に線を引いただけで、すっごく勉強をした気になるような感じで。

dese.jpg

【ストーリー】
投資会社に勤めるニックは、ある日目の前で息子をギャングたちに殺されてしまう。犯人は逮捕されるが、法の下では納得がいく刑罰を与えられないと知ったニックは、自らの手で復讐することを決意するのだが…。

dese3.jpg

チャールズ・ブロンソン主演で大ヒットし、シリーズ化もされた『狼よさらば』。シリーズが進む毎に“おじいちゃんの若者狩り”の様相を増していったのですが。その『狼よさらば』の原作者であり、『W/ダブル』の原案も手掛けたブライアン・ガーフィールド原作による、復讐が生み出す負の連鎖を描いた一本。監督は、『ソウ』シリーズの生みの親、ジェームズ・ワン。
元々は『狼よさらば』の映画化により、“復讐”“法を超越した自衛行為”“私刑”の是非を問うどころか、概ね“是”に傾いてしまったことに対する“贖罪”の意味も込めて書かれたという原作。それもあって、本作ではほぼポール・カージーの主人公が、ほぼポール・カージーと同様の目に遭いながらも、迎える結末は全く違う内容となっている。そんな“復讐が生み出す負の連鎖”を描いているはずの本作なのだが、あまりにそれを見つめる立ち位置があやふや。どっちつかず。
復讐以外の方法を示す道筋がほんの少しでもあれば、あくまで“主人公が選んでしまった選択”として苦い味わいを残せるのだが、そんな道筋が見当たらない。“法の規範”としての警察描写がキチンと織り込まれていればそんな問題も発生しないのだが、警官も殺される大事件にまで発展しているのにもかかわらず、間違いなく殺しているに違いない容疑者グループも、これから何をしでかすかミエミエの被害者もノーマークで野放しとなれば、「法に任せてもダメだ」となっても仕方がない。そのくせ、最後の最後に取って付けたように復讐の虚しさを説かれても居心地が悪いだけ。

dese4.jpg

そもそも、これをテーマに描くには映画の時間配分がおかしい。見た目の派手さを取ったのか、直接的な復讐の行為であるアクションシーンをメインにしているので、その行為に至るまでに溜めに溜めたであろう主人公の怒りがダイレクトに伝わりにくい。一般人であるはずの主人公が、“殺し”が加入条件と言うガチのギャング集団に対し、それこそ一人目の復讐には手間取るも、二人目以降はまるでその道のプロかのような強さと手際良さを示してしまう違和感の大きさも、その辺に起因しているようにも。一般人ならではの苦労や苦悩や工夫が欲しいところ。
警察の描写同様、肝心の家族描写も弱い。優秀で両親から寵愛を受けているっぽい長男に対して、次男は引け目を感じているってのはボンヤリとわかるのだが、『エコーズ』のケヴィン・ベーコンと『スカイ・ハイ』のケリー・プレストンの夫婦関係については、なんとなく良い夫婦って以外は伝わらない。というか、嫁ヴォルタ演じる妻がどんな人間なのか、さっぱり分からない。『エバン・オールマイティ』『ジャック・ブル』のジョン・グッドマンに至っては、大変面白くなりそうなキャラクターと期待させておきながら、期待させただけで終わってますし
結局印象に残るのが、髪型から包帯の位置、しまいには指が飛んで首を怪我する所まで真似た『タクシードライバー』ごっこの部分のみって所に、「あ〜、コレがしたかったのねぇ」と。

dese2.jpg
「俺に話しかけてんのか?」 いいえ、別に

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        

        


posted by たお at 02:16 | Comment(0) | TrackBack(18) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『狼の死刑宣告』 (Death Sentence)
Excerpt: 会社役員のニックは普通に円満な家庭を持っていたが、ある日コンビニ強盗の現場に巻き込まれて愛する息子を失ってしまう。ギャング団の一人が捕まるが裁判で無罪になると、ニックは復讐の鬼となり、家族を守るために..
Weblog: Mooovingな日々
Tracked: 2010-07-01 08:34

「狼の死刑宣告」 ケヴィン・ベーコンファン、必見!
Excerpt: {/映画/}たまたまそのガソリンスタンドに居合わせたが為に殺された息子。相手はギャングでただの通過儀礼でしかなかった。彼らが大した罪に問われないと弁護士に言われ、父親のニックは……{/映画/} &n..
Weblog: 筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ
Tracked: 2010-07-01 08:51

映画「狼の死刑宣告」@渋谷シアターTSU...
Excerpt:  客入りはほぼ満席だ。作品柄か男性客も多く来場している。  【21%OFF!】狼の死刑宣告(DVD)【発売日お届け!2010年3月19日発売】 映画の話 家族と幸せな生活を送るニック(ケヴィン...
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2010-07-01 13:25

狼の死刑宣告(2007)◆DEATH SENTENCE
Excerpt: 愛する家族を守るために街のダニども 全員死刑に 処す 帰国早々観た作品は疲れをぶっ飛ばすというよりも、ちょっと疲れを倍増するようなものだったかもしれないかな?でもこういう作品は嫌いじゃない。 ドイ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2010-07-01 19:55

「狼の死刑宣告」
Excerpt: チャールズ・ブロンソン主演の『狼よさらば』(1974年)がヒットした後、家族を殺された男の復讐劇は、低予算で単純な内容ながらヒットが見込めるため、それからしばらくB級映画の定番となり、いくつもの後追い..
Weblog: 古今東西座
Tracked: 2010-07-01 22:50

狼の死刑宣告
Excerpt: 大ヒットしてシリーズ化された『ソウ』の生みの親であるジェームズ・ワン 監督がブライアン・ガーフィールドの『狼よさらば』をもとに映画化。 大切な家族を理不尽な暴力で殺害されたことで、復讐の鬼と化した..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-07-01 23:40

狼の死刑宣告 (デス・センテンス) / Death Sentence
Excerpt:                       『SAW』のジェームズ・ワン監督最新作はケウ゛ィン・ベーコン主演{/atten/}今さらっていっちゃダメ 『狼よさらば』原作者の小説を映画化したバイオレン..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2010-07-02 00:05

狼の死刑宣告
Excerpt: 「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督が人気小説家ブライアン・ガーフィールドの同名の小説を映画化。息子をギャングに殺された父親が復讐にのめり込む様を描いたサスペンスムービーだ。主演は『フロスト×ニク..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-07-02 00:28

狼の死刑宣告
Excerpt: DEATH SENTENCE/07年/米/106分/劇場公開 監督:ジェームズ・ワン 出演:ケヴィン・ベーコン、ケリー・プレストン、ジョン・グッドマン <ストーリー> 息子をギャングに殺された男が法..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2010-07-02 01:12

狼の死刑宣告
Excerpt: モヒカン頭と散弾銃 【Story】 家族と幸せな生活を送るニック(ケヴィン・ベーコン)はある日ギャングの襲撃に遭い、目の前で長男(スチュ...
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2010-07-02 01:44

狼の死刑宣告
Excerpt: ■ シアターN渋谷にて鑑賞狼の死刑宣告/DEATH SENTENCE 2007年/アメリカ/106分 監督: ジェームズ・ワン 出演: ケヴィン・ベーコン/ケリー・...
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2010-07-02 19:35

狼の死刑宣告
Excerpt: 評価:★★★★[4/5] 『さまよう刃』のフラストレーションは、これで解消!
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2010-07-02 21:46

狼の死刑宣告
Excerpt: 2007年 アメリカ公開 札幌では札幌劇場さんで公開中(27日で公開終了)
Weblog: 2010 映画観てきましたっ!
Tracked: 2010-07-03 00:43

狼の死刑宣告
Excerpt: 2010年4月4日(日) 12:45〜 三軒茶屋中央劇場 料金:1300円 パンフレット:非売 狼の死刑宣告 [DVD]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)メディア: DVD 『..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2010-07-03 15:20

09-289「狼の死刑宣告」(アメリカ)
Excerpt: 俺からお前たちへのデス・センテンス  投資会社に勤めるごく普通の男、ニック・ヒュームはある日、愛する息子を目の前でギャングたちによって殺されてしまう。  やがて犯人は捕まるもののギャングたちには微..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2010-07-08 00:54

「狼の死刑宣告」
Excerpt:  目の前で長男が殺されてしった理由が、ギャングに加入するための度胸試しというトホ
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2010-07-12 19:48

狼の死刑宣告(78点)評価:○
Excerpt: 総論:煮え滾る怒り!鳴り響く銃声!エンディングで流すのは・・・熱い涙!大ヒットシリーズ「ソウ」の生みの親であるジェームズ・ワン監督が、「狼よさらば」の原作者ブライアン・
Weblog: 映画批評OX
Tracked: 2010-11-23 17:34

【映画】狼の死刑宣告
Excerpt: 2007年 アメリカ 原題:DEATH SENTENCE 監督:ジェームズ・ワン 脚本:イーアン・マッケンジー・ジェファーズ 出演:ケヴィン・ベーコン、ケリー・プレストン他 2010年1..
Weblog: KINOMANIE
Tracked: 2010-12-12 14:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。