2010年06月11日

ファンボーイズ (Fanboys)

監督 カイル・ニューマン 主演 サム・ハンティントン
2008年 アメリカ映画 90分 コメディ 採点★★★★

映画本編の2時間かそこらだけを考えてしまうと、決して安いもんじゃない映画料金。“必ず満足する!”って約束もないですし。でもまぁ、その作品の存在を知った日からのワクワクやら、オープニングのファンファーレやら、終わった後に湧き上がってくるあれやこれやの感情を考えれば、納得も。だからといって、不用意に観ると2000円近く取られる入場料金は高すぎるって事実は変わりませんが

fabo4.jpg

【ストーリー】
1998年。かつて共にスター・ウォーズに熱狂していた旧友たちと再会したエリック。定職を持つエリックと異なり未だ熱狂的なスター・ウォーズファンとして行動する彼らに溝を感じるエリックだったが、親友だったライナスが末期癌であることを知り、彼のためにもいち早くスター・ウォーズの新作を観ようとルーカスフィルムの本拠地に侵入を試みるが…。

fabo3.jpg

ある意味、世界中のスター・ウォーズファンが最も幸せだったスター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』公開直前の1998年を舞台にした、ケヴィン・スペイシーも製作者の一人に名前を連ねたコメディ。
“熱狂的なスター・ウォーズマニアが主人公”“もちろん随所にオマージュが”“当然敵はトレッキー”というスパイスこそ効いているが、内容は“珍道中の中で友情やら愛情やら将来やらを見つめなおす”という王道中の王道である本作。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』をキッスのライブや、うっかり彼女に送ってしまった浮気の現場ビデオに置き換えても十分成立してしまう話であるし、爆発力はあるもののその場その場の笑いに重きをおいてしまった結果、キャラクターの成長過程がサラリとしすぎている感も否めない。しかしながら、そのサラリ感が“親友の死”が目の前にぶら下がり続ける本作をウェットにしすぎず、また、念願だったスター・ウォーズの新作を観れたことや、思わぬ形でのレイア姫とのキス以上に、それを実現してくれた親友たちと一緒にいれる時間を噛みしめるようなライナスの眼差しなどで語られる、個々のキャラクターの幸せの頂点その瞬間を切り取ることで、心地の良い余韻を残す成果をあげている。

fabo5.jpg

若いが元気のないジェイソン・ミューズのようなサム・ハンティントンの地味さを存分にカバーするどころか溢れてしまいそうな顔ぶれが揃った本作。『燃えよ!ピンポン』同様イタい上に暑苦しいデブがばっちりとハマるダン・フォグラーに、気が付いたら一日の大半をパソコンの画面を見て過ごしてしまってそうな『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』のジェイ・バルシェル、“死にそうな童貞”をやらせたら右に出る者がいなくなってきた感もある『臨死』『ガール・ネクスト・ドア』のクリス・マークエット、可愛いのか可愛くないのか一瞬悩む『寝取られ男のラブ ♂バカンス』のクリステン・ベルらメインの充実はもちろんのこと、ネタがネタだけにカメオもこれまた充実。
ファンの間では永遠に“姫”であろうキャリー・フィッシャーを筆頭に、ランド・カルリシアンならまだしも、いまさら誰がローズウッドのことを覚えているのか不明な役名で登場するビリー・ディー・ウィリアムズ、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で唯一カッコよかったレイ・パークらスター・ウォーズ組のみならず、よりによってジャージャーのタトゥーを入れてしまう本作で最も不幸な男役で登場する『恋するポルノ・グラフィティ』のセス・ローゲンに、“カークに不可能はない”ことを立証したウィリアム・シャトナー、期待の新作『プレデターズ』でソニー・ランダムみたいな扱いになっちゃうんじゃないかと心配な『デビルズ・リジェクト』のダニー・トレホらと、好きモノ悶絶の顔ぶれ。当然、スター・ウォーズの匂いを嗅ぎつけたらどっからでも飛んでくるケヴィン・スミスも登場してますし。

fabo1.jpg
一番幸せだった頃

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

       

       

posted by たお at 02:53 | Comment(2) | TrackBack(7) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更にまたまた、こんにちは!

>そのサラリ感が“親友の死”が目の前にぶら下がり続ける本作をウェットにしすぎず
日本で作ったら、ラストなんかお涙頂戴になってしまったであろう、かなりウェットな青春物。
でも、そんな部分を上手く処理してある、と言うか、もっとリアルな彼らの感覚(親友の死は哀しいけど、スター・ウォーズの新作は嬉しい!)を描いてるのが良かったような気がします。

ついでに言えば、仲間の1人1人が“主役を張るにはいまいち?”級なところも、良かったかなと(笑)
Posted by 哀生龍 at 2010年06月13日 18:58
哀生龍様、またまたこんばんはーw

ホント、大概は死ぬのをメインに持ってきちゃいますからねぇ。人が死んで悲しいのは当たり前なのに。
でもこれは、最高の幸せ(ファンファーレ後にそれはみごとに崩れ去るんですが^^;)の瞬間にメインを持っていってましたねぇ。
Posted by たお at 2010年06月14日 02:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152848741

この記事へのトラックバック

『ファンボーイズ』
Excerpt: (原題:Fanboys) ----あれっ。この映画って お正月にレンタルDVDのリリース発表があったような…? 「しっ! まあ、いいか、みんな知っているし…。 実はこれは1000名を超える、 多く..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2010-06-12 23:03

DVD「ファンボーイズ」みた。
Excerpt: 「スター・ウォーズ」ファンによる、「スター・ウォーズ」ファンを描いた、「スター・ウォーズ」ファンのためのコメディ作品。TSUTAYAの回し者[E:happy02]であるAgehaさん情報から、早速TS..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2010-06-12 23:36

FANBOYS
Excerpt: ハロウィーンの夜、仮装パーティで久し振りに再会した友人たち。 翌日、父親(クリス・マクドナルド)の店で車のセールスマンをやっているエリック(サム・ハンティントン)の所に、ハッチ(ダン・フォグラー)とウ..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2010-06-13 18:51

ファンボーイズ
Excerpt:  少し前にYAHOO映画(GyaO)のオンライン試写に当たってスターウォーズオタクを描いた青春?映画「ファンボーイズ」を観ましたよ〜。  いい年してスターウォーズオタクの3人がガンで余命わずかな友..
Weblog: なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0
Tracked: 2010-06-16 23:52

ファンボーイズ
Excerpt: 熱狂的な『スター・ウォーズ』オタク達が余命いくばくの友人のために、 公開前の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の フィルムを盗み出そうとして奮闘する様を描いたロードムービー。 ..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-06-17 00:17

ファンボーイズ
Excerpt: FANBOYS/08年/米/90分/青春コメディ/劇場公開 監督:カイル・ニューマン 製作:ケヴィン・スペイシー 出演:サム・ハンティントン、クリストファー・マークエット、ダン・フォグラー、ジェイ・..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2011-03-14 01:04

『ファンボーイズ』(2008)
Excerpt: 『スター・ウォーズ/エピソード1〜ファントム・メナス〜』の公開を半年後に控えた頃、一人の熱狂的なファンが末期ガンで余命僅かと宣告されてしまう。仲間たちは彼に何とか新作を見せようと大陸を横断し、スカイウ..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2013-03-04 23:21