2006年02月24日

ヒトラー 〜最期の12日間〜 (Der Untergang)

監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル 主演 ブルーノ・ガンツ
2004年 ドイツ/イタリア映画 155分 ドラマ 採点★★★★

df1.jpg

“理想”を貫き通すには、多くの犠牲が払われる。やがて“理想”は“妄想”へと成り代わり、人々を巻き込み、正常な判断すら出来なくなり、さらに多くの犠牲を強いられる。ヒトラーを単純に“悪の象徴”と描くのは容易だったであろう。一部のマニアを除き、誰もが喜ぶ映画になるはずだから。『es/エス』で、異常な状況下に置かれた人間の行動をつぶさに描いたこの監督は、絶望的な状況下に置かれたヒトラーと、その周囲の人々の姿を通してヒトラーの側面を描く。“悪の象徴”としてではなく、“人間”としてのヒトラーの物語を。

df2.jpg

人間として彼を愛する者、独裁者として彼を信奉する者、権力者として彼に思惑を持って近づく者。様々な視点から語られるこの映画は、敗戦も確実となった中で狂人と化していく独裁者としての姿のみならず、時折垣間見せる“人間”として優しさと愛情に溢れたヒトラーの姿も描き出す。これまでタブーとされてきた側面だ。

df4.jpg

ヒトラーの終焉は、第三帝国の終焉を意味する。そしてそれは、彼の周囲の人間達の終焉も。彼らが犯した罪の大きさを考えれば、彼らが辿る運命はまだまだ甘すぎるのであろうが、戦時下という狂乱に飲み込まれた人間の運命と見れば、やはり悲痛だ。
製作を開始してから、数多くのバッシングを受けてきた作品だが、「目を背けてばかりでは何も変えられない」とでも言うかのような監督の勇気に脱帽する。

df3.jpg

人気blogランキングへ

        


posted by たお at 02:16 | Comment(6) | TrackBack(34) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます(^0^* )
ヒトラーも人間だったんだなぁと思える、ある意味衝撃的な映画でした
敬愛するスティーヴン・キングが絶賛していたので観て良かったです
Posted by cherry@Cinemermaid at 2006年02月24日 18:30
 TBありがとうございますm(_ _)m

 教科書でし知らなかったことをこーして
映像で見ることで、より当時の切迫した雰
囲気がひしひしと伝わってきました。

 徹底した雰囲気作りがこの作品を支えて
いたんだと感じます。
Posted by たましょく at 2006年02月24日 19:07
TBありがとうございます♪
この作品を観てから半年近く経ちますが
まだ余韻が残っています。
Posted by 別冊編集人 at 2006年02月24日 21:23
TBありがとうございます。ユンゲの本は、先に読んでいました。歴史に残る映画になるような気がしています。劇場で観賞することができたことは幸いでした。忘れられないと思います。
Posted by あかん隊 at 2006年02月25日 03:00
TBいつもありがとうございます。感謝です。
たおさんの意見に共感しますね。

僕はずるいんで、自分のブログでは核心は
書かなかったつもりですが、やはり一人間なんだ
そっちに言ってたら、そうなるかもな。
という考えも、僕の中にいます。

とりあえず言える事は、この映画を作った
監督の勇気に脱帽っていうところでしょうか。
Posted by 元木桂吾 at 2006年03月23日 09:45
元木桂吾様、こんにちは。
コメント&TB、ありがとうございます。
特殊な状況下にあった人々を、頭ごなしに批判する事はどーにも居心地の悪い気が。
否定的でもなく、美化するわけでもないこの映画は、問題提起の意味でも必見だと思います。
これからも、よろしくお願いします。
Posted by たお at 2006年03月23日 18:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

??????????若??鐔????????????鐚???ラ??鐔
Excerpt: ???????掩???????????????????????????????????????????????ゃ??????????с?????????????荐?????????鐚????荀潟???..
Weblog: 罨ч※
Tracked: 2006-02-24 17:25

ヒトラー〜最期の12日間〜
Excerpt: 第二次世界大戦の終盤 戦争に負けた日本の終戦がどのようなものだったかは今まで観たあらゆる映画やドラマなどからすんなり予測が出来るが、ドイツの方はあまり身近に耳に入ることもなかったので興味がなかった ..
Weblog: Cinemermaid
Tracked: 2006-02-24 18:23

ヒトラー 最期の12日間
Excerpt: じつに胸苦しい映画だった。 混乱する地下要塞と、爆撃を受ける町並み、そして人の命がカンタンに失われる瞬間。 その3つのポイントをぐるぐるぐるとカメラは155分、回り続ける。
Weblog: amapola
Tracked: 2006-02-24 18:26

ヒトラー??最後の12日間??
Excerpt: 「ヒトラー??最後の12日間??」 評価 保留 『あらすじ』  タイトルの通りなので、省略。 『感想…?』  たましょくのブログを読んでいる方の中には、気..
Weblog: 何を書くんだろー
Tracked: 2006-02-24 19:07

ヒトラー 〜最期の12日間〜を観て来た〜!
Excerpt:  2005年8月18日 『ヒトラー 〜最期の12日間〜』観賞レビュー 原題 The Down Fall 「没落・破滅」の意。 彼の敵は世界 2005年7月9日..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-02-24 19:22

ヒトラー ~最期の12日間~
Excerpt: http://www.hitler-movie.jp/ 私の住んでいる街の映画館は今日から始まったのですが、 公開初日なのに、座席の少ない館で上映しないで欲しかったなぁ~と…輦..
Weblog: 映画のページ
Tracked: 2006-02-24 19:26

ヒトラー 最期の12日間
Excerpt: Der Untergang 2004年 ドイツ ヒトラーが自殺を図る日までそばにいた女性秘書。彼女がみたヒトラーとは? 謎に包まれたヒトラーの死。ヒトラーの自殺説は嘘で、本当は密かに生き..
Weblog: cinema note+
Tracked: 2006-02-24 19:59

「ヒトラー??最期の12日間??」
Excerpt: 日曜に行ったのが間違いだったか、初回から最後までずっと満席でしたね。ついでに隣の「皇帝ペンギン」も。本当は2作とも見たかったんだけど、3時間待って、こちらだけ鑑賞してきました。 ヒトラーの女性秘..
Weblog: the borderland
Tracked: 2006-02-24 22:08

ヒトラー 〜最期の12日間〜
Excerpt: アドルフ・ヒトラーが地下で過ごした最期の12日間を、当時の個人秘書が綴った回顧録を元に描いた衝撃の問題作。ソ連軍の猛攻により日毎に悪化する戦況。そんな極限状態の中、地下要塞のヒトラーはある重大..
Weblog: 色即是空日記+α
Tracked: 2006-02-24 22:28

■ヒトラー臓臓最後造12日間臓臓
Excerpt: 臓 臓ヒトラー臓ブルーノ・ガンツ臓造気造入造造、個人秘書造職造得造トラウドゥル・ユンゲ臓アレクサンドラ・マリア・ララ臓。彼女造秘書造造造働き造じ造造2年半造経造造時、第2村世界大戦造ヨーロッパ戦線造..
Weblog: 糟糟糟糟糟Q造活動日記
Tracked: 2006-02-24 23:06

映画「ヒトラー最期の12日間」 
Excerpt: 2004年 ドイツ映画 155分 監督  オリヴァーヒルシュビーゲル  製作・脚本 ベルントアイヒンガー 主演  ブルーノ・ガンツ  アレクサンドラ・マリア・ララ
Weblog: ちょっとひとことええでっかぁ〜♪
Tracked: 2006-02-24 23:41

『ヒトラー~最期の12日間~』
Excerpt: 渋谷シネマライズでこの映画を見ました。 初日だからか超満員。年齢層も40歳平均といった感じ。しかしこんなに前評判が高い映画なのに、初日に東京では一館しか上映しないとは.....。
Weblog: 映像と音は言葉にできないけれど
Tracked: 2006-02-24 23:56

ヒトラー 最期の12日間
Excerpt: ヒトラーの最期を描く史実に基ずく映画 1942年にヒトラーはミュンヘン生トラウドゥル・ユンゲを秘書として雇う このトラウドゥル・ユンゲの目から ヒトラー最後の12日間が語られる 1945年ドイ..
Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE
Tracked: 2006-02-25 00:33

ヒトラー ??最後の12日間??
Excerpt: 辛かった。異常なのは、人なのか情勢なのか。シチュエーションを醸し出す土壌となるも
Weblog: cococo
Tracked: 2006-02-25 03:01

殺人鬼ヒトラーの内面を描く◆『ヒトラー 〜最期の12日間〜』
Excerpt: 8月11日(木)名演小劇場にて 2004年2月に、私は『アドルフの画集』という映画を観た。独裁者になる前の青年時代のアドルフ・ヒトラーは絵を描くことが好きで、ある画商との出会いによって一時は画..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2006-02-25 09:47

ヒトラー 最期の12日間
Excerpt: 「ヒトラー 最期の12日間」  *オフィシャルブログ 敗戦直前のヒトラーを描いた作品。今まで表舞台ではナチスドイツの傲然たる独裁者として描写されていたが、本作品では1人の人間としての脆さを抱えた..
Weblog: 泥海ニ爆ゼル
Tracked: 2006-02-25 18:31

アドルフ・ヒトラーについて〜映像の世紀、アドルフに告ぐなど
Excerpt: 今回はアドルフ・ヒトラー[:銃:]について書きます[:強風:]。 ヒトラーは、いろいろ本や映画などにもなっていますが、比較的新しい人物なので映像も多く残っています[:カメラ:]。 NHKの..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2006-02-25 21:23

今夜は映画評論(57)―『ヒトラー最期の12日間』
Excerpt: TSUTAYAでレンタルが開始されてしばらく経つが、ようやく借りる事が出来たので観た。イスラエルは虐殺の歴史を美化していると批判していたが、現在の『ミュンヒェン』への姿勢を思うにつけて極端な立場からの..
Weblog: Tagebuch(たーげぶーふ)
Tracked: 2006-02-25 22:52

『ヒトラー??最期の12日間??』
Excerpt: 『ヒトラー??最期の12日間』 1945年、第2次世界大戦が終焉を迎える頃、ベルリンにはソ連軍の砲火が押し寄せている。ヒトラーと側近たちは、総統官邸の地下要塞に避難していた。もはや敗戦を疑う者は..
Weblog: chaos(カオス)
Tracked: 2006-02-26 23:05

ヒトラー 〜最後の12日間〜
Excerpt: 市原悦子主演「家政婦は見た!」ではなく、 「女性秘書は見た!ヒトラーの真の姿を!!」 映画の日、夜の部。この日4本目で最終。 「ロボッツ」、「ポケモン」の2本のアニメと、オバカ人..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-02-27 00:25

ヒトラー最後の12日間
Excerpt: とても見応えのある力作です。 でも観終わった後、あれ?これって「スターウォーズ」シリーズで言うと 「ジェダイの帰還」、つまり最後の「エピソード6」だけを 観た感じでないの?と思ってしまい..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2006-03-01 12:33

ヒトラー 最期の12日間
Excerpt: ★本日の金言豆★ ヒトラーと、彼を作品で痛烈に批判したチャップリンは、同い年で誕生日も近い(チャップリンが4日年上)。  今の世の中で独裁者といえば、ツッパリ国家イラク??
Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等
Tracked: 2006-03-01 14:52

ヒトラー〜最期の12日間〜
Excerpt: 第226回 ★★★★(劇場) (政治的発言含まれますので、ご注意あそばせ)  戦後60年を迎えた日本。  原爆の爆心地である二つの都市の名前を言える人は年々減ってきているそうだ..
Weblog: まつさんの映画伝道師
Tracked: 2006-03-04 13:56

ヒトラー 最期の12日間
Excerpt:  元木桂吾のオススメ度:★★☆  「人の心を忘れてしまった組織は潰れていくのでしょう」 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ●今日の映画 ━━━..
Weblog: 大事なことは映画から学んだ
Tracked: 2006-03-23 09:45

映画のご紹介(113) ヒトラー 最期の12日間(2005年)
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(113) ヒトラー〜最期の12日間〜(2005年)-戦争って、本当は..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-04-01 13:04

ヒトラー「最後の12日間」/ The Downfall
Excerpt: ヒトラーの私設秘書Traudl Junge(当時22歳)の視点から、ヒトラーが追い詰められ自殺するまでの12日間が描かれているこの映画は、彼女自身のインタビューで締めくくられる。 "I re..
Weblog: communication 101
Tracked: 2006-04-06 22:01

ヒトラー ~最期の12日間~
Excerpt: ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディションブルーノ・ガンツ オリヴァー・ヒルシュビーゲル アレクサンドラ・マリア・ララ 日活 2006-01-14by G-Tools
Weblog: Moto's Cinema Blog
Tracked: 2006-05-16 17:41

「アドルフの画集」&「ヒトラー最期の12日間」
Excerpt:  アドルフ・ヒトラー関連の映画を2本見ました。  1つは「アドルフの画集」という映画。 アミューズソフトエンタテインメント アドルフの画集  主人公はマックスというユ..
Weblog: シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記
Tracked: 2006-05-17 16:27

映画鑑賞感想文『ヒトラー最期の12日間』
Excerpt: さるおです。 『DER UNTERGANG/ヒトラー最期の12日間』を観たよ。 監督は『DAS EXPERIMENT/es』でも話題を呼んだオリバー・ヒルシュピーゲル(Oliver Hirschbie..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2006-07-12 02:34

映画『ヒトラー ??最期の12日間??』
Excerpt: 原題:Der Untergang 1945年5月7日、第3帝国は終焉を迎える。ドイツ・ナチス総統ヒトラーが4月20日に地下要塞に籠もり自殺するまでの最後の12日間の悲劇の物語・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-11-23 02:04

ヒトラー「最後の12日間」/ The Downfall
Excerpt: ヒトラーの私設秘書Traudl Junge(当時22歳)の視点から、ヒトラーが追い詰められ自殺するまでの12日間が描かれているこの映画は、彼女自身のインタビューで締めくくられる。 "I re..
Weblog: communication 101
Tracked: 2006-11-23 11:45

<ヒトラー??最期の12日間??> 
Excerpt: 2004年 ドイツ 156分 原題: Der Untergang 監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル 脚本 ベルント・アイヒンガー 撮影 ライナー・クラウスマン 音楽 ステファン・ツァハリア..
Weblog: 楽蜻庵別館
Tracked: 2006-12-06 14:00

『ヒトラー 〜最期の12日間〜』
Excerpt: この映画が公開された時期に、 原作『私はヒトラーの秘書だった』は、 読んだのですが。 もう少し、早く決断していれば…。 ということが、人生には多々あるけれど、 この人の場合は、そんな..
Weblog: *モナミ*
Tracked: 2007-04-13 19:40

ヒトラー/最期の12日間@我流映画評論
Excerpt: 今回紹介する映画は、以前このブログでも紹介した『es』の監督、オリバー・ヒアシュビーゲル作品、『ヒトラー/最期の12日間』です。 まずは映画のストーリーから・・・ 1942年、ミュ..
Weblog: ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG
Tracked: 2007-09-02 00:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。