2015年08月07日

ジュラシック・ワールド (Jurassic World)

監督 コリン・トレヴォロウ 主演 クリス・プラット
2015年 アメリカ/中国映画 124分 アドベンチャー 採点★★

当時の社会状況の反映であったり、当時の最新技術のお披露目であったりと、その時代だからこそ成立した映画って少なくないですよねぇ。原作とは少々意味合いが異なってはいましたけど、“種の逆転”や猿そのものに観客がある特定のイメージを思い浮かべた『猿の惑星』なんかもそうですし、まるで本物の恐竜がそこにいるかのような最先端CGIと最新の音響システムdtsに驚かされた『ジュラシック・パーク』とかも。そういうのを今もう一度再現しても、「戻ってきてくれてありがとー!」って縁起物として楽しむ以外は大して意味を成さない気もしたり。

juwo05.jpg

【ストーリー】
かつて多くの犠牲者を出した“ジュラシック・パーク”が“ジュラシック・ワールド”として新たにオープン。連日観光客が押し寄せ大盛況となっていた。そんある日、パークの監督官クレアの甥で16歳のザックと11歳のグレイの兄弟が来園するも、多忙のクレアは部下に面倒を任せっきりにしていた。そんな折、目玉アトラクションとして準備中だった凶暴なハイブリッド恐竜インドミナス・レックスが脱走。来園客が避難する中、ザックとグレイだけがはぐれてしまい…。

juwo03.jpg

前作『ジュラシック・パーク III』から14年ぶりとなる、時系列的には続編に当たるがやってることは一作目の『ジュラシック・パーク』と然して変わらない、リブートの印象が強かったシリーズ第4弾。メガホンを握ったのは本作が長編2本目だが、スター・ウォーズ新三部作最終章の監督候補にも名前が挙がる注目株コリン・トレヴォロウ。
20年前の大惨事の経験や教訓を活かしているとは到底思えないザルなセキュリティに、後のことを考えずにラプトルやTレックスを放つ、結果オーライだから良かったけど二次災害を生みかねないことしかしない行き当たりばったりな主人公らの行動、何かあり気でその実なんにもない人物描写、アナウンスひとつで忽然と姿を消す2万人の観光客など、普通の映画として考えれば粗だらけの本作。ただ、空っぽの人物像に穴だらけのプロットってのはこのシリーズではお馴染みで、それらを「ワーイ!恐竜だ!」で十分に補ってきたのも事実。もうそういう作品なので今回もそういう楽しみ方をする気満々だったんですけど、補おうにも映像に驚きが全くない。仕方がないことではあるんですが、恐竜がスクリーン上を闊歩することに珍しさがなくなってしまった以上は、それを上回る驚きを用意して頂きたかったもので。内容に目新しさがないのに、肝心の映像も3Dとアップデートされただけのものってんでは、正直その看板を背負うだけの驚きに不足している感が強いなぁと。

juwo02.jpg

“妙に動物に懐かれる人”って以外の根拠が見当たらないラプトル使いの主人公に扮したのは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のクリス・プラット。二枚目半の風貌と、ジャンル的にはセス・ローゲンと一緒のポッチャリ系の声質&語り口が魅力の彼なんですけど、今回はその可愛げを発揮するわけでも意外性を出すわけでもない、売出し中って以外の理由が見当たらない残念なキャスティング。
また、家族の大切さに気付くって以上にクリス・プラットとくっついてハッピーなヒロインに扮したのは、私の頭の中でいつもジェシカ・チャスティンとジェマ・アータートンらとゴッチャになる『50/50 フィフティ・フィフティ』のブライス・ダラス・ハワード。今回はなんかすごく恰幅が良くなってて驚いた
その他、『ラン・オールナイト』のヴィンセント・ドノフリオや、一作目の子供ら同様“恐竜好き”ってのが物語では活かされず、ただただ暗い顔をしているだけだった『アイアンマン3』のタイ・シンプキンスといった顔ぶれに、雑誌の表紙だけの登場で『グランド・ブダペスト・ホテル』のジェフ・ゴールドブラム、モノレールのアナウンサーとして『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のブラッド・バード、ビデオ内の出演で『ローラーガールズ・ダイアリー』のジミー・ファロンといったゲスト陣も。ただまぁ、概ね皆印象薄し
これで肝心の恐竜に強烈なインパクトやしっかりとした役割が与えられていればいいんですけど、シリーズ影の主役であるラプトルは信用ならない猟犬に成り下がり、そのラプトルの狡猾さにティラノのパワーを兼ね備えてるはずのハイブリッド恐竜インドミナス・レックスが、どっちの才能もきっちり活かせないまま終わっちゃう上に、いくらジュラシックな世界であっても生物兵器としての使用は許されるはずもないというそもそもの立ち位置が脆弱という、あまりの残念さ。まぁ、大御所のティラノさんが「よよよいのよい!」とその辺を補ってくれてたのが救いだったかと。さすがティラノ

juwo01.jpg
ようやく「待て」が出来るようになっただけなのに

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramのブログランキング   

        

        



posted by たお at 13:56 | Comment(7) | TrackBack(39) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。