2015年08月05日

フッテージ (Sinister)

監督 スコット・デリクソン 主演 イーサン・ホーク
2012年 アメリカ/カナダ/イギリス映画 110分 ホラー 採点★★★

なんだかんだ言って『リング』は怖い映画ですよねぇ。あのビデオが怖い。何が怖いって、観たら呪われるとかそんなこと以前に、誰かがカメラを持って撮影しないと存在しないはずの映像なのに、誰もカメラを持ってないってのが怖い。そんな恐ろしいものを、「ほれ観ろ!」とばかりに身近に置いてかれるのが怖い。観てもらいたがってるくせに、観たら呪うってもうワケわかんない

sini02.jpg

【ストーリー】
10年前にヒット作を出すも、それ以降は鳴かず飛ばずで経済的にも困窮状態に陥ったノンフィクション作家のエリソン。彼は再度一発当てようと、家族には詳細を伏せ一家惨殺事件の現場となった一軒家へ妻子と共に引越し、その事件についての執筆を始める。やがて屋根裏部屋で8mmフィルムを発見したエリソンは、書斎でその映像を確認すると、そこにはその家だけではなく様々な一家惨殺の瞬間が映し出されていて…。

sini03.jpg

間もなく続編も公開される、『地球が静止する日』のスコット・デリクソンが監督と脚本を務めた、掻い摘めばミイラ取りがミイラになるみたいなホラー・サスペンス。主演に『プリデスティネーション』のイーサン・ホーク、ノンクレジットで『ラン・オールナイト』ヴィンセント・ドノフリオも出演。
Jホラーの影響も垣間見れる、ジワジワ系のホラーとしてなかなかの雰囲気を持った本作。スナッフフィルムとしての陰惨さと変態さをしっかりと表現できている8mmフィルムの完成度も高く、一見バラバラに思える事件が大きな輪を描き始める展開も巧い。終盤間際までは「お?今日のデリクソンは調子がいいなぁ」と感心させられる完成度。
しかしながら、因果関係をモヤモヤさせた締めがどうにも弱い。これが40分前後の作品であれば、そのモヤモヤさが恐怖を増大させるのだが、2時間近い作品を引っ張るにはちょいと弱い。しかも、ある行動パターンが惨劇を生むようなのだが、そうなると肝心の8mmの存在が意味を成さなくなってくる。別に観ても観なくても結果が同じ。また、他の一家がそれを観ていたって描写が全くないので主人公だけが観ていたってなると、何の為に見せてるのかが判らず。もし全員が観ていたとするならば、主人公はその手の作家だから調査して因果関係を発見できたものの、普通のお父さんが観たって「ウェッ!」ってなって終わっちゃうんじゃないかと。まぁ、引越しさせるための嫌がらせの一環なのかもしれませんが。
そんなこんなで、雰囲気だけは非常に良いんですけど、題材に対する煮詰めが相変わらず甘い惜しい一本だったなぁと。一時のスポットライトが忘れられないって感じをイーサン・ホークが見事に表現していただけに、尚更にもったいない。

sini04.jpg
上映中はお静かに

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramのブログランキング   

        

        



posted by たお at 10:14 | Comment(4) | TrackBack(10) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

1980年3月度 仙台市近郊 映画番組表

【1980年3月度 仙台市近郊映画館番組表】
198003-01.jpg

198003-02.jpg

198003-03.jpg

あの手この手で関心を引きつけようと頑張ってた『1941』が遂に公開。そして、もちろん撃沈。ただ撃沈するだけならまだ救いがあるんですけど、有楽座での先行上映で既に話題沸騰状態だった『地獄の黙示録』がほぼ同時期に登場しちゃうので、この時期に『1941』を上映してたってこと自体も忘れられてしまう始末に。
また、春休みが始まるってんでお馴染みの“東映まんがまつり”や、ドラえもん映画第一弾となる『ドラえもん のび太の恐竜』なんかがやってたってのも注目点かと。
この当時劇場で観た作品というと、モスゴジ観たさで行った『ドラえもん のび太の恐竜』と、『地獄の黙示録』ですねぇ。まぁ作品とは関係ないんですけど、兄に連れて行ってもらった『地獄の黙示録』。いい歳して彼女が出来ない兄を心配した母が、実家の化粧品店で働いてた美容部員さんに頼み込んでデートをセッティング。そのデートで観に行く映画がよりによって黙示録で、しかも小さい弟同伴。その当時ですら異様な状況であることを子供ながらに感じてましたが、今思い返してみてもうちの兄はバカなんじゃないのかと。

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramのブログランキング   

        

タグ:映画番組表
posted by たお at 07:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画番組表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

プリデスティネーション (Predestination)

監督 マイケル・スピエリッグ/ピーター・スピエリッグ 主演 イーサン・ホーク
2014年 オーストラリア映画 97分 SF 採点★★★★

様々な局面で様々な選択をしてきた結果が今の自分と状況を作り上げているんですけど、振り返ってみると“やっちまった選択”ってのも少なくなし。というか、そんなんばっか。もし過去に戻れるんだったら、過去の自分にもうちょっとマシな選択を進言してやりたい気もしますが、後悔を積み重ねた“今の自分”と難を逃れ続けた“理想の自分”とでは、圧倒的に後者の方がアホっぽいので、たぶん余計な進言はしないんだろうなぁと。そもそも誰かの意見を素直に聞くような人間でもありませんし。

pred02.jpg

【ストーリー】
女性として生まれ孤児院で育ったジェーンは、成長し最愛の男性と出会い彼との子を宿すが、突然の別れと彼女自身の得意な体質ゆえ、出産後男性として生きることを余儀なくされてしまう。更に生まれたばかりの子供を何者かに誘拐され、ジェーンは絶望のどん底を生きていた。そんなジェーンの壮絶な身の上話を聞いていたバーテンダーは、彼女に復讐のチャンスを与えることを約束し、二人で7年前へとタイムスリップをするのだが…。

pred03.jpg

ロバート・A・ハインラインの短編“輪廻の蛇”を、『アンデッド』のスピエリッグ兄弟が脚色/監督を務めて映像化したSFサスペンス。
奇抜な状況設定と凝った構図のアクションが魅力の反面、そこに頼りっきりの印象もあるスピエリッグ兄弟なんですけど、今回は原作そのものが超絶に奇抜なだけあってジックリと物語を描くことに集中した感のある一本。冷静に考えれば「じゃぁ、最初の○○はどうやって産まれたの?」とか、爆弾魔の○○はどの時点からやって来たのか/居続けたのかとか、あれやこれや所謂パラドックス的な問題が目に付いてしまうんですけど、そこが逆に細かなルールに縛られ過ぎないSF全盛期の面白さってのを生み出している。
一発ネタでもあるので物語に触れれば全部ネタバレになっちゃうので控えさせてもらいますけど、“選択と宿命”ってのをベースにしながらも、その背後に全てを見通している神/悪魔の如き上司の存在があるので、どう足掻こうが逃れられないというか仕組まれているかのような不条理感が漂っているのも好みだった一本で。

pred04.jpg

主演は『デイブレイカー』に続いてスピエリッグ兄弟作品への参加となったイーサン・ホーク。いっつもイーサン・ホークについて「卑屈な眼差しが堪らん!」と絶賛させてもらってるんですけど、今回もそう絶賛せざるを得ない卑屈さ。充分過ぎるほどハンサムなのに、奥底に恨み辛みがパンパンに詰まった、そして常人なら見ることのないものをウンザリするほど見つめてきたかのような眼差しが、まさにこの物語にピッタリの完璧キャスティング。
ただ、このイーサン・ホーク以上に本作の顔となっているのが、オーストラリアの新進女優セーラ・スヌーク。複雑過ぎるにも程がある役柄をこなした地力もさることながら、ちょいとガービッジのシャーリー・マンソンを髣髴させる、劣等感とプライドと怒りと妬みと困惑が入り混じり、局面毎に違う顔を出してくるその表情の素晴らしさたるや。ちょいと今後に期待したくなる女優の一人で。
その他、全部を見透かしているような気持ちの悪さが絶妙だった『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のノア・テイラーなんかも印象的だった一本で。

pred01.jpg
自分だったら「まぁ色々あるけど頑張ってね」くらいしか言えないなぁ

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramのブログランキング   

        

        

posted by たお at 11:01 | Comment(2) | TrackBack(16) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

トム・クルーズのハンサム口パク対決

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のプロモーションで現在来日中のトム・クルーズ。新作が出る度に来日してくれるトムちんでございますが、考えてみたら新作そのものよりも、どんな場でも全力でハンサムサービスしてくれるプロモーション時のトムちんの方を私は楽しみにしてたりも
そんなプロモーションのプロでもあるトムちんが、ジミー・ファロンがホストを務める“トゥナイト・ショー”で華麗な口パクバトルをキメた時の動画をぺたりと。

【Lip Sync Battle with Tom Cruise】


流石だなぁ、トムちん。完璧に仕上げてきてやがる。トムちんの口パクと言えば誰もが真っ先に思い浮かべる『卒業白書』のアレにもしっかりと触れながらも、決してそのネタの安売りはしない、もうハンサムスターのお手本みたいな振る舞いに「やっぱスゲェなトムちんは!」と。斜に構えて揶揄するのは簡単ですけど、こう“媚び”と“サービス”の違いをしっかりと理解しているスターも多くはないので、素直に感心するのも宜しいかと。
あ、ついでにアレも。

【Risky Business Dance Scene】



↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramのブログランキング   

        

posted by たお at 10:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。